Blog

ブログ開設1ヶ月で挫折した話【挫折しないための解決法】

僕は会社員2年目の7月に「このままで本当にいいのか?」と思い、収益化するためにブログを始めました。

詳しくはこちらをご覧ください

詳細プロフィール

いろいろ調べまくって、無事にブログを開設でき、以下のことを達成。

  1. 初日から100PV
  2. 9記事でアドセンス一発合格
  3. ほぼ毎日更新で初月27記事執筆

これだけみたらまあまあ順調ですよね。

僕も初心者ながらこのまますぐに収益化できそうと思っていたんですが、1ヶ月で挫折しちゃうんですよね。

この記事ではその時の苦悩の物語と、そうならないように解決する方法について書いていきます。

ブログ開設1ヶ月で挫折【手段が目的になっていた】

僕が探した情報は全てGoogleやYouTubeなど、無料で調べられるものばかりでした。

本当に便利な現代になったものです。

  1. 毎日更新が重要
  2. 100記事が目安
  3. SEOを意識する
  4. 10記事書いたらアドセンス

ブログ界隈で著名な方が共通して言っていたことを参考に、タイトルを考えて筋トレやダイエットに関する知識を書いていきました。

はてなブログでブログ開設

当時は試しでやってみた、というくらいだったのでいくつかある無料ブログの中から「はてなブログ」を選びました。

今考えれば、最初からWordPress一択なんですけどね。

とはいえ、はてなブログのいいところは、投稿するとはてなブログのHPにアップされる点。

初期段階からある程度の人にみてもらえて、いいね!みたいなスターが確かもらえるんですよね。

初日から100PVを超える

公開してまもなく4、5スターくらいがもらえると、「注目のブログ」みたいな感じではてなブログのHPにピックアップされます。

これで初日から100PVくらいは読んでもらえていました。要は、読者ははてなブログでブログを書いている人たちです。

それからInstagramの硬筆アカウントでもブログの解説を報告すると、200PVほどの流入があったので、初めたてにしては結構たくさん読んでもらえていました。

アドセンスも9記事で一発合格

  1. タイトルはキーワードを入れて30文字程度に収める
  2. 見出し(h2)にもキーワードを入れる
  3. 見出し下に適度に図や写真を入れる
  4. パーマネントリンクを設定する
  5. 問い合わせフォームをつくる
  6. 日記ではなく読者の課題解決
  7. 1記事3,000〜5,000文字
  8. 免責事項を記載する

自分なりにこんなことくらいは調べて、ある程度の品質の記事を書いていきました(と思っていました)。

本当は10記事書いたらアドセンスに登録しようと思っていたのですが(多くの人がそう書いていた)、9記事書いた時にそろそろ行けるでしょ、と思い申請。

すぐに合格の連絡が入りました。

ここまではまずまずのスタートダッシュですよね。

手段が目的に変わっていた

あとは記事を量産するのみ、ということで毎日1記事書くわけですが、会社員として働いている手前、なかなか時間を取ることができないんですね。

当時の1日のスケジュールはだいたいこんな感じ。

  •   6:30 起床
  •   6:40 ブログ執筆
  •   7:40 朝の準備
  •   8:20 出社
  • 18:00  帰宅
  • 19:00  筋トレ
  • 21:00  帰宅
  • 21:10  夕食、風呂
  • 22:00  ブログ
  • 24:00  就寝

ブログにかけられる時間は多くて3時間ほどですが、初心者だった僕は1記事を3時間で書き上げることは結構しんどかったんです。

朝から寝るまでブログのことを考えて、1記事書き終わったらまた次の記事のことを考えて、、、

要はブログを書くことが収益化の手段だったはずが、「ブログを書くこと」が目的に変わっていっちゃってたんですね。

そして体力的・精神的に擦り減り挫折

そんな状態でも初月はほぼ毎日更新で27記事ほど書き上げました。

その頃にはアナリティクスも導入してましたので、数字を見るわけですよね。

でも何も変わらない。むしろめっちゃ減ってる。え?これだけ努力したのに?

それもそのはず。初めの頃に読みに来てくれていたInstagramの方はあくまで硬筆のアカウント。

筋トレ系の記事は興味がなく、見られなくなったんですね。

多くの初心者がここで挫折することはわかっていましたが、やはり僕も結構堪える部分があり、早くも1ヶ月目で挫折しました。

僕の場合、最初のスタートがよかっただけに、余計に響きましたね。

挫折しないために:本質的な話

ここからは過去の自分に向けて、あとで気づいた(多分)本質的な話をしていきます。

何でブログを始めたの?

ここで、もう一度原点に戻ります。

ブログは何のために始めた?

→収益化するため。副業として。

なんで筋トレの記事を書いてる?

→筋トレの知識があったから

これが問題だったんですよね。そりゃ1ヶ月で挫折もしますわ。

収益化、副業のためというのはいいんです。

でも、筋トレの知識があったから筋トレの記事を書いていたなんて本当に自分本位。

通販番組をつくるな!

  • 自分が筋トレを続けているのはなぜ?
  • 筋トレによって人生が変わったからじゃないのか?

この人生を変えてくれるほどの筋トレの素晴らしさを多くの人に伝えるため、その1つの手段としてブログという情報発信の媒体を使う。

これが本質的な理由なはず。

それが、

  • 100記事目指して毎日更新する
  • ことあるごとに商品リンクをつける
  • ASPの広告を貼る

恥ずかしいことに収益化のことしか頭にない。

収益を上げるブログを書くことが目的になっていては当然読者は離れていきますよね。

僕がつくっていたのは通販番組だったんです。

せっかく見にきてくれたのに、広告、広告、商品、商品、商品、、、

これじゃ「あ、物売りか」って思われて仕方ないです。

個人ブログは自分にしかできない発信を

ブログはめちゃくちゃ可能性があると思っていて、1人の発信が多くの人に見てもらえる可能性があるんですよね。

本質的な部分を見落としていました。

これまでは筋トレやダイエットの知識をベースに、Wikipedia的な発信を中心にしてきていました。

でも、それはWikipediaがやるべきことであって、僕には僕にしか発信できない何かがあるはず。

要は「ためになる知識の発信」は個人ブログでやるべきではなく、個人ブログは「読んだ人が共感する(=刺さる)記事」を書いていくべきかと。

それを読んだ読者の方1人でも刺さればいいのかなって今は思います。

挫折しそうになったら、思い出してください

ブログを始めるということはめちゃくちゃ大きな進歩だと思います。

始めたその1日は、おそらくめちゃくちゃ大きな1日です。

なぜなら、自分のメディアを持つということだからです。

でももし、せっかくつくったブログで作業に追われて挫折しそうになっているなら、もっと本質的なところを思い出してみるといいです。

なぜブログを始めて、なぜその情報を発信しているのか、というところをあなたの経験とともに伝えるべきです。

そうすれば、ネタ切れなんてきっとならないし、作業に追われて挫折なんてしないと思います。

これからは僕自身、もっと僕だからできる筋トレや生き方の価値観の発信をしていきます。