筋トレ

【筋トレ初心者】あなたに合ったジムはこれ!おすすめのジムの選び方

しめじ(@shimeji__jp)です。今回は下記のような疑問にお答えしたいと思います。

筋トレを始めたい人
筋トレを始めたい人
筋トレを始めるためにジムに通いたいので、どのジムがおすすめでどのジムに行くべきか知りたい
shimeji
shimeji
ジム選びにはいくつかポイントがあります。自分にあったジムを選びましょう。

筋トレ歴2年、週5回ジムに通う僕がおすすめするジムと、ジム選びのポイントについて解説します。

筋トレ初心者におすすめのジムの選び方

f:id:shimeji_jp:20190731060037j:plain

ジム選びは筋トレに挫折しないためにも非常に重要な要素で、慎重に選びたいものです。

ひとえにジムといっても実はたくさんの種類があります。まずはその種類とそれぞれの特徴を理解しましょう。そして、あなたのライフスタイルなどを考慮して、ジム選びのポイントについて解説していきます。

ジムの種類

f:id:shimeji_jp:20190801063401j:plain

まずはジムの種類について覚えていきましょう。主なジムの種類はざっくり下記の3つに分類できます。

・会員制フィットネスクラブ・ジム

・パーソナルジム

・市営ジム

会員制フィットネスクラブ・ジム

f:id:shimeji_jp:20190801065525p:plain

(出典:コナミスポーツクラブ渋谷) 

オーソドックスなのは会員制フィットネスクラブ・ジムだと思います。多くの方がジムと聞くとこのタイプを思い浮かべると思います。GOLD GYM、KONAMI、セントラルスポーツ、ルネサンス、ENYTIME FITNESS、JOYFITなどがこのタイプのジムです。

このタイプのジムの特徴は下記です。

会員制フィットネスクラブ・ジムの特徴

・幅広い料金プランがある

・料金は一般的

・24時間タイプのものもある

・全国どこでも使えるものもある

・設備もある程度網羅されている

・スタッフが在中しており安心

ざっと上記の感じでしょうか。まず、このタイプは月会費で支払うタイプの会員制です。ライフスタイルに合わせて幅広いプランから選べるのが嬉しいですね。土日・平日限定会員や全営業時間会員など、多くのプランが用意されていることが多いです。

また、料金も6,000〜15,000円程度から選ぶことができます。多くのジムで「初回月会費無料キャンペーン」などの割引キャンペーンを頻繁に行っていますので、そんな機会を利用して入会すればお得に利用することができますね。中には最近増えてきている24時間ジムもあり、系列店舗なら全国どこでも24時間使えるジムもあります

設備面でもある程度網羅されており、フィットネスクラブにはプールやサウナ、スタジオなどの設備があるところが多くあります。また、スタッフが基本的に在中してますので、安心して使うことができるのも嬉しいところです。

パーソナルジム

パーソナルジムは聞いたことはあるけどあまりよくわからないという方が多いのではないでしょうか。パーソナルジムとは、基本的に完全予約制の個室ジムを使い、トレーナーと1対1で直接指導を受けられるジムです。ブーチブーで結果にコミットするライザップもこのタイプのジムになります。

主な特徴は下記です。

パーソナルジムの特徴

・トレーナーから直接指導を受けることができる

・順番待ちの必要がない

・周りの目が気にならない

・プールやスタジオなどの設備はないことが多い

・値段はお高め

ざっくり上記の感じです。繰り返しになりますが、パーソナルジムの一番のメリットはトレーナーから直接指導を受けられることです。つまり、わからないことをその場で聞くことができたり、あなたの目的・目標に合わせた「オーダーメイドのメニュー」やトレーニングフォームを直接指導してもらうことができます。トレーニングだけでなく、食事の指導もしてくれることが多いようです。

また、完全予約制で個人で受けるので、ストレスのたまる順番待ちの必要はもちろんなく、初心者の方の多くが気になる「周りの目」というものもありません。プールやスタジオなどはなことが多く、必要最低限の設備になっています。

値段については1回10,000円〜が一般的ですが、こちらの記事によると平均は2ヶ月で23万円となるようです。トレーナー指導料、部屋代などがあるため値段はお高めではありますが、知識がない状態で1人黙々とジムに行くのではなく、プロのトレーナーから教わる知識は一生使えるものですね。

市営ジム

 (出典:豊見城市体育館)

よくある地域のスポーツジムです。割とご年配の方が通われているイメージがあるかもしれませんが、基本的にどなたでもご利用ができるジムです。

特徴は下記になります。

市営ジムの特徴

・1回ごとの支払い(回数券あり)

・混む

・時間制限がある

・安価で利用できる

ざっと上記の感じですね。僕も5回ほど利用したことがあります。市営ジムの一番のメリットは何といっても安価で利用できる点です。1回あたりの利用料は200〜600円程度です。回数券があるところもあるので、行ける時に行くという方には向いているかもしれません。

設備や広さは自治体によって大きく変わりますので、ホームページなどからチェックするといいと思います。

基本的に設備は最小限で、フリーウエイトエリアは少なめ、有酸素マシン多めという印象です。健康維持・増進が目的になりますので、そこは仕方ないかもしれませんね。

 

ジムを選ぶポイント

f:id:shimeji_jp:20190718131114j:plain

ここからは、ジムを選ぶポイントについて4点紹介してきます。あなたのライフスタイルに合わせてポイントを見てみてください。

家から近いか

家から近いところがまずポイントです。継続的にジム通いするためには、ジムに行くまでのハードルをいかに下げるかということが重要です。ジムの設備がどんなによかろうと遠かったらそれだけで行くまでのハードルが上がってしまい、結果としてジムに行くのが面倒になってしまいます。

公共交通機関を使うなら、駅やバス停から近いかどうかも重要です。できれば行くまでのハードルを減らすためにも、徒歩圏内で行けるところを選びましょう。

目安としては、徒歩10分以内が行くまでのハードルが低くなり、継続して続けられる距離と言えるでしょう。

値段はリーズナブルか

リーズナブルとは「安い」という意味ではありません。「reason+able=納得できる」というのが本来の意味です。

ですので、安ければいいというわけではなく、設備と金額とメリットを見て「納得できる」価格のジムを選びましょう

例えば、ENYTIME FITNESSなどの24時間ジムが増えてきており、値段もフィットネスクラブより安価な場合が多いと思います。しかしこういったジムはスタッフアワーといってスタッフが在中している時間が11:00〜19:00など限られていることがあります。特に女性の場合、19:00以降に利用することが多いようであればスタッフがずっと在中しているようなKONAMIやTIPNESSなどのフィットネスクラブの方が値段は上がるけれども安心して使えるので、こちらの方がいい場合もあります。

あなたがどこを重視するかによって納得できる条件は変わってきますので、何を重視したいのかをまずは考えてみましょう。

営業時間・コースはどうなっているか

会員制フィットネスクラブやパーソナルジム、市営ジムでは営業時間やコースが細かく分かれている場合が多いです。

平日会員休日会員フリータイムナイトパック・デイパックなどがあります。結局通える時間に営業していなければ意味がありませんので、営業時間やコースは確認しておきましょう。

たとえば平日20:00に仕事が終わる方が21:00に閉店するジムに通うのは現実的ではありません。移動や着替えにも時間がかかります。こうした時間も考慮してあなたのライフスタイルで通えるジムをまずは確認しましょう。

 

施設・設備はどうか

実際に見て、体験してみることをおすすめします。多くのジムやフィットネスクラブで見学・体験を実施しています。ホームページなどで見ることもできますが、実際に足を運んでみると違った発見があります

特に意識して見たいポイントは下記です。

・ロッカールーム・シャワールームは清潔か

・マシンやフリーウエイトの設備は整っているか

・スタッフの対応はどうか

・会員の雰囲気はどうか

・混雑具合はどうか

ざっとこのくらいは確認しましょう。ロッカールームやシャワールームがあるけれど汚くて使いたくもないような施設もあります。しっかりと綺麗かどうかはみておきましょう。

マシンやフリーウエイト中心にトレーニングをやっていきますので、どの程度揃っているかを確認しましょう。フリーウエイトエリアが狭かったり、ラック(ベンチプレスやスクワットを行う場所)が1つしかなかったら絶対混みますから、いくつかあるところを選ぶようにしたいところです。ホームページなどの写真でランニングマシンがズラーっと並んでいる写真が多く見受けられますが、基本的に有酸素運動はしませんのであくまでトレーニングエリアの設備に注視しましょう

また、スタッフの対応や会員の雰囲気も見るようにしましょう。1日見学・体験などに参加すればすぐにわかるかと思います。基本的に値段と比例していくというのが一般的です。市営ジムに何回か行きましたが、監視ばかりされているようで使いづらかったです…。「こんにちは!」と明るく挨拶をしてくれるスタッフのいるジムだと、気持ちよく使えますよね!

最後に「混雑具合」です。これが本当に重要で、混んでたら何もできなくなりますからある程度空いているところを選びたいです。とはいえ、駅近とか都心であればやはり混むのは避けて通れませんので、「待ち時間が苦でない」「混むのは仕方ない」と割り切れるのであればOKです。

できれば2〜3つ比較してみるといいかと思います。その中で一番条件が良いところを選ぶようにしましょう!

おすすめのジム

f:id:shimeji_jp:20190801070440j:plain

ここまでジムを選ぶポイントについて解説してきました。ここからはあなたに合ったおすすめのジムについて紹介していきたいと思います。

結局一番重要なのは「なりたい自分になれる」かということです。そのためには「よりハードな環境に身を置く」ということが重要です。ヒトは周囲の人の平均になるようになっていると言われています。そのジムの雰囲気や周りの人を見て「ここなら自分を変えられる」という場所を選ぶことができればベストです。

下記にこんな人におすすめ!という一例を紹介します。

会員制フィットネスクラブ・ジム

・ある程度の身体を目指している

・値段も安くいつでも使えるところを選びたい

・スタッフがいてほしい

パーソナルジム

・トレーニング全くの初心者で基礎を身に付けたい

・プロに自分を管理してほしい

・トレーニングや食事面の指導・アドバイスをしてほしい

 市営ジム

・とにかく安く済ませたい

・昼の時間は割と自由に使える

・最低限の設備が整っていれば良い

・月額制で支払いをしたくない

まとめ

f:id:shimeji_jp:20190708211437j:plain

いかがだったでしょうか。今回は筋トレ初心者におすすめのジムの選び方について解説してきました。

ポイントは下記になります。

ジムの種類

・会員制フィットネスクラブ・ジム

・パーソナルジム

・市営ジム

ジムを選ぶポイント

・家から近いか

・値段はリーズナブルか

・営業時間・コースはどうなっているか

・施設・設備はどうか

それぞれのジムの特徴を理解した上であなたに合ったジムを選びましょう!あなたのジム選びの参考になれば幸いです。

しめじ